ライターのプロフィールシート 書き方のコツ

ライターとして新しいお仕事を始めるにあたり、実績などを記載したプロフィールシートを提出する機会もあります。実績豊富なライターさんであれば、過去の制作実績を記載していくと良いのですが、実績が少ない場合、ライター経験が浅い場合は、どのように記載すれば良いのでしょうか?

 

プロフィールシートを見る人は、ライターのプロフィールシートのどのポイントをチェックしているかというと、まずは手がけてきた実績をチェックするのですが、それ以上に大事なポイントは、「この人と気持ちよく仕事ができるかどうか」です。

 

実績が少ない場合でも、熱意や意欲の伝え方次第で、起用されることがあります。たとえば著名な方のインタビュー記事執筆やゴーストライティングの場合は、その方の著書を何冊も読んでいたり、講演へ行ったことがあったりなど、一人のファンであることを具体的に伝えることで、好印象につながります。

選ぶ人も、人間ですから、実績豊富であっても何となく傲慢な印象を受ける文章よりかは、経験が浅くても一生懸命さ、人としての誠実さが伝わる文章に惹かれるものです。

 

また、紹介できる実績が十分に用意できない場合は、インタビュー記事などのサンプル原稿(1000~2000文字程度)を作成し、添付すれば親切です。

 

プロフィールシートも、相手とのコミュニケーションツール。ただ単に自分の情報を示すだけでなく、読み手の立場を考慮し、やさしさや丁寧さ、サービス精神の伝わるものにすると良いでしょう。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。