なんとなくかっこいい言葉でごまかさないように

ライターの世界では、「手で書く」という言葉を使うことがあります。

「手で書く」

それは、頭で深く考えずに、なんとなくかっこいい言葉を並べて、雰囲気で文章を作ることを意味します。

ある程度、経験を積んだライターであれば、手で書いても、それなりに見栄えのする、おかしくはない文章になります。

なんとなくかっこよさは伝わってきますが、見栄えはいいけど、イマイチ心が動かされない・・・それが、手で書いた文章の特徴です。

 

書き手が、深く考えずに軽い気持ちで書いていると、読む方も、サラっと読み飛ばしてしまうような文章が出来上がってしまいます。

「ソリューション」とか「イノベーション」とか、「概略的」「最先端の」など、使うと賢そうに見える言葉。企業の広告に書かれていると、しっかりした会社に見える言葉。

こうした言葉を、しっかりとした根拠や意図に基づいて使うのは、もちろんOKです。

が、「かっこいいから」という理由だけでなんとなく使うと、分かる人が読めば、「あまり深く考えずに書いているな」と、分かってしまいます。

 

一文字、一文字に、同じだけのエネルギーはこもっていますか? 全身全霊で考え抜いた言葉を使っていますか?

かっこいいから、どこかで見たことがあるから、なんとなく使ってみた。それが、いわゆる「手で書いた文章」です。

ただスペースを埋めることだけが目的であれば、使ってみるのも一つの方法かもしれません。

しかし、集客や販売のためのセールスレターでは、なんとなく手で書いた文章では、結果が出ません。

限られたお金と時間を投資する、お客様の立場にたってみてください。申し込むお客様以上の精神的エネルギーを使って、セールスレターを書かなければなりません。

集客はエネルギーです。一言一句に精魂をこめましょう。

 

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

 

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。