文章のビジュアルにもこだわろう

インターネットが爆発的に拡大した現代。私たちは、日々大量の文章に囲まれています。

目の前にある文章を読むかどうかの判断は一瞬です。パッと見て「なんだか読みにくそう」と思われてしまえば、どんなにいい内容でも読まれる可能性は低くなります。

では、どうしたら「読まれる文章」になるのでしょうか。

それは、文章のビジュアルにこだわること。

スマートフォンの中、そして街中にあふれる広告。ついつい読んでしまうのはなぜでしょうか? それは、視覚的に優れた文章だからです。

 

人の目を引くキャッチコピー、ストレスなく読み進められる文字配置。ぜひあなたも、チラシや広告を作るつもりで文章を編集、配置してみましょう。

 

キャッチコピー=見出しに全精力を注ぐ

あなたの文章が読まれるかどうかは、見出しのインパクトにかかっています。

論理性を保つためにも、見出しは文章を書きはじめる前に決めてしまいましょう。

本文が1,000文字なら、見出しは3〜4つ程度。

チェックポイントは2つです。

  • 流し読みしていた読者が、思わず目をとめるだけの魅力があるか
  • 見出しだけを読んでも、文章の大意が伝わるか

テレビCMのキャッチコピーを考えるかのように、徹底的にこだわって作成しましょう。

文章を優れた「視覚情報」にデザインする

多くの人に読んでもらえるよう、文章の見た目にもこだわりましょう。文章をひとつの視覚情報と考え、デザインしていくのです。

見出しを太字にする、本文よりも文字を大きくする


基本的なことですが、あなたのキラーフレーズに読者の視線を誘導することができます。

20〜25文字程度で改行する

1行を、スマートフォンの画面の横幅程度にします。読み手はストレスなく読み進めることができます。

可能な部分は箇条書きにする

長々と説明するより、確実に伝わりやすくなります。

ひらがなを効果的に用いる

読者に引っかかりなく読んでもらうためにも、漢字の多用は避けましょう。漢字が5文字以上続くようなら、ひらがな化できる箇所はないか探してみてください。

 

 

文章の中身、主張はもちろん大切です。しかし、読んでもらえなければ意味はありません。

これらを実践することで、あなたの文章は見違えるように読みやすくなるでしょう。

ぜひ、実践してみてください。

 

 

仕事に直結するプロライター養成塾の公式サイトはこちら

 

 

記事執筆:ライター 村川里美
FB:https://facebook.com/murakawasatomi
Blog:http://ameblo.jp/reverb-writing/




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。