雑誌の見出しコピーから学ぶ、読ませるための工夫

ターゲットの気持ちを掴み、先へ先へと読ませるコラムを書くにはコツがあります。特に女性雑誌の見出しコピーは、ターゲットの気持ちに寄り添う工夫がなされてあります。雑誌の見出しコピーから学ぶ、読者を引き込んで読ませる工夫は、コラムを書く際にも役立ちます。具体的にはどのような点を心がけると良いのでしょうか?以下でご紹介させていただきます。

「人は、自分に関係のある情報しか記憶しない」と心得る

近所の建物がある日取り壊されてなくなった後、どんな建物があったのか思い出せない・・・そんな経験はありませんか? 毎日のように目にしている風景であっても、自分とは関係のない情報である場合、記憶に残りにくいと言われています。誰かに何かを伝えたいときは、伝えたい相手に「これは自分に関係のある情報だ」と思ってもらうネタをチョイスすることが大切です。

読者に「自分と関係がある」と思ってもらう情報で引き込む

コラムを書く際に大切なのは、最初のワンフレーズで、読み手の心をつかむことです。特にキャッチコピーや見出しは文章の顔とも言える部分。ぬかりなくしっかりと考えましょう。

参考になるのが、雑誌の表紙や新聞の中吊り広告などの、限られたスペースに書かれたタイトルです。女性誌の表紙に書かれている、キャッチコピーを見てみましょう。

 

・春に絶対はやるもの100 『seventeen』(集英社)2015年4月号

・みんなが鬼買いしてる“安カワ 高見え”服 『CanCam』(小学館)2015年7月号

・完成!究極のミニマムワードローブ 『Oggi』(小学館)2015年4月号

・頑張り過ぎない美人がきてる! 『Voce』(講談社)2015年10月号

・美しい40代が必ずやっている美容140 『美ST』(光文社)2015年10月号

 

 

雑誌の見出しコピーは、読者アンケートなどから得た情報をもとに、編集部が懸命に作り込んでいます。

 

周りのみんなから置いていかれたくない10代~20代前半の女性は、『流行り』『みんな』

着回しができるコンサバな通勤服を揃えたいOLは『究極の』『ミニマム』

美容への意識が高く、スキンケアやメイクテクニックの最新情報を知りたい女性には『美人』

仕事に家庭に子育てに多忙な40代には『美しい40代』

こういったキーワードが、それぞれの雑誌のターゲットの目に留まり、手に取ってもらいやすくなります。

 

ターゲットになる人は何を考えて生活しているのか。どんな悩みや願い、夢を持って生きているのか。ターゲットの頭の中を普段からリサーチしておきましょう。そうすることで、読み手の気持ちに寄り添い、共感を呼ぶコラムが書けるようになります。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

参考文献

川上徹也 読むだけであなたの仕事が変わる「強い文章力養成講座」

ダイヤモンド社 2014 http://www.diamond.co.jp/book/9784478027097.html

 

 

 

記事執筆:ライター たかはしなつこ
ブログ:http://ameblo.jp/summer-tmngtkhs
Facebook:https://www.facebook.com/summertkhs

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。