ライティングの見積りの出し方

お仕事のお見積もりをお客様から依頼された場合の「お見積もりの出し方」をお伝えします。

受講生の方からの多いご相談の一つに、「お客様から『お見積もりはいくらでしょうか?』と聞かれた場合に、すぐに答えられない」というものがあります。

ライティング料金の相場は実にさまざまです。

初めてお見積もりを出す時は、金額をいくらにすれば良いのか迷ってしまう初心者ライターさんは少なくありません。

実際にお仕事を始めた際に迷ってしまうことがないよう、
プロライター養成塾では、適正なお見積書を出すワークを行っています。

ライティングのお仕事の金額は本当にさまざまですので、中には 飲食店などでアルバイトをした方が、割がいいのでは?と思う仕事もあります。

お見積もりを出す上で目安となるのは、自分の時給です。
自分のスキルや経験値、必要な生活費などと照らし合わせて見積り金額を決定します。

希望時給が1500円程度であれば、トータル3時間半程度かかるお仕事は5000円以上のお見積もりを提示する、という感覚です。

慣れないうちは一つの仕事にどのくらいの時間がかかるのか分かりにくいかもしれません。
が、数をこなしていくうちに、自分の時給と受注金額のバランスが取れてくるでしょう。

お客様からお仕事のご依頼をいただいた場合は、 「この仕事はどのくらいの時間がかかるのか」「自分の時給はいくらなのか」を意識しながら、適正なお見積りを提示しましょう。

お見積もりを提示したら、その金額に見合うお仕事をこなすことが必須です。

なお、お客様から提示されるライティング料金が、自分の希望よりも低い場合はどうすれば良いでしょうか?続きは次回、お伝えさせていただきます。

プロライター養成塾では、ライティングのスキルはもちろん、お客様とのコミュニケーションや取材先でのヒアリングスキル、ライティングスピードなど、あらゆる角度から受講生の市場価値を上げるための大事な要素をお伝えしております。

 

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。