個人メディアで人気の出るコンテンツの作り方

今は個人の時代。フリーランスで起業したい方が自分の存在を世の中に広くアピールするには、ブログやホームページでの発信が必要不可欠となります。

しかし、「どんなことを書いて良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

今日は、個人メディアで人気の出るコンテンツを作るにあたり必要なことをお伝えします。

ターゲットを明確にする

誰に向けて書くのか? 漠然とではなく、目の前にターゲットが座っている姿を映像でイメージできるぐらいに、明確にイメージすることが大切です。

頭の中に何人かの顔と名前が浮かべばなお良いでしょう。

ターゲットが明確になれば、ターゲットに対して「何を伝えたいのか」を明確にします。

自分の「伝えたい」気持ちの大きさがコンテンツの人気度に比例するでしょう。

ニーズ調査を行なう

コンテンツを作る際には、必ずニーズ調査を行ないましょう。

売れるコンテンツ作りには、すでにあるニーズに応える場合と、新しいニーズを創り出す場合とありますが

新しいニーズを創り出す場合も「ターゲットとなる人がお金を出して買いたいと思うか」を、客観的かつ冷静に判断しなければなりません。

思いつきのアイデアや一時の盛り上がりで決めたテーマは、だいたい内容が浅いです。

何かをひらめいた際も一旦冷静になって「本当にこれは求められるのか」を熟考した方が良いでしょう。

競合情報と自分のポジションを理解する

すでにライバルとなる人が似たようなコンテンツを出している場合は、ライバルとの差別化を図らなければなりません。

ライバルになくて自分にある魅力とは? ライバルよりも自分に魅力を感じるターゲット層とは?

業界内での自分の立ち位置とは?などを考えていきます。

たとえば起業のコンサルタント。ライバルが多いです。

ライバルが多くいる中で自分を選んでもらう理由は何なのか?

  • 心身の病気を乗り越えていて病気に対する知識が豊富なこと
  • 人の心に敏感で共感力が高いこと
  • 旅をしながら自由に楽しく生きていること
  • 女性で経済的に自立していること

といった自分の強みを書き出して明確にしていきましょう。

 

 

 

以上が個人メディアで売れるコンテンツを作るための代表的なポイントです。

コンテンツを作るために必要な文章力は、日々の鍛錬ありきです。

毎日ブログやメルマガ、Facebookなど何らかの発信を行うことで、よりターゲットのニーズを掴みやすくなります。

日々インプットとアウトプットをバランスよく行い、センスを身につけていきましょう。

 

仕事に直結するプロライター養成塾の公式サイトはこちら

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。