迷ったときはとりあえず100回やってみる

普段のコンサルで、私は「100」という数字をキーワードにしています。

迷ったらとりあえず何かを100回やってみましょう。そうすると、良いか悪いかの判断ができていろんなことが分かるから。

100という数字の根拠は、少し頑張らないといけない数字だからです。

少し頑張らないといけないけど不可能ではない、誰にでもできるけど、あまりやる人がいない。100回とは、そういう数字です。

「人生100のリスト」という本や「マーフィー100の成功法則」など「100」をキーワードにした書籍もたくさん販売されています。

私は前職のコピーライター新人時代、一つの原稿に対して最低100個はキャッチコピーを書くように先輩から言われていました。

新人なので、売り物になるようなコピーはなかなか出てきません。ですが100回書いてみると、適当なコピーの中に原石のようなものも含まれていたりします。

大変な思いをして大量アウトプットすることで、自分の思考を深くまで掘り下げることができるようになります。

疲れて「もう何も出ない」という状況になると「何でもいいからとりあえず出そう」と思うようになり、めちゃくちゃなコピーも出てきます。

そのめちゃくちゃなコピーの中に、既成概念を打ち破る斬新な発想が含まれている場合がほとんどです。

めちゃくちゃ変なコピーも出てきますが、めちゃくちゃイイコピーも出てきます。

書き出せば書き出すほど、だんだん振れ幅が大きくなります。

広告コピーは目立ってナンボなので尖っていた方が良いです。

既成概念を打ち破るアイデアを出すには大量アウトプットは必須です。

その事実に気づいて以来、何かをテストしたいとき、仕事の方向性を見極めたいときは、とりあえず何かを100回やることにしています。

ブログ記事をとりあえず100個書いてみる、本を1ヶ月で100冊読むと決める、100人にインタビューしてみる、ビジネスモデルのアイデアを100個出すなど…

100回何かをやると決めてそれを実行していくうちに、必ず何かしらの方向性が見えてきます。

方向性が見えた時点で100回に到達していない場合は、途中でやめても大丈夫です。見つけた道に進んでいけば良いです。

将来の方向性に迷っていた数年前は1ヶ月に本を100冊読み、ブログ記事を100個書いて、アフィリエイトの商品紹介記事も100個ぐらい書いて、いろんなことを100回ぐらいやりました。

10回なら、誰でもちょっと試せる回数です。

結果が出なくて辞める人が多いのも10回~数十回ぐらい。

しかし、何事も100回までやる人は減ります。であれば、何かを100回やるだけでも他者との差別化になります。

頭で考えても答えが出ないことは、100回テストすると方向性が見えてきます。

 

 

自分の強みがまだよく見えない方、他の人との差別化が難しい方は、まず売上目標を「月商100万円」に設定し、達成するために何をしようかを考えることで、いろいろなアイデアが湧いてくるかもしれません。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner