コピーライターという仕事について

コピーライターとは、商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のことを指します。

企業の求人情報の中でもコピーライター職種は特に人気が高く、男女関わらず幅広い年齢層の方から応募があります。

特に実務未経験OKでコピーライターを募集した場合、今でしたら平均して数百件の応募が集まる傾向にあります。

「コピーライターって、頭の中でひらめいたイメージを言葉にするだけでしょう? 自分にも出来そう」

という動機で応募する人もいるのかもしれませんが、軽い動機で務まるほど簡単な仕事ではありません。

寝ても覚めてもコピーや文章のことばかりを考え、寝る間も惜しんでより良い表現を追求し続ける根性と体力が必要になります。

会社員時代、私はコピーを考えるのが楽しくて止まらなくなり、2週間ほど会社に泊まり続けたことがありますが、こういう狂気の沙汰のようなところが無いと、自分が辛いと思います。

中には「この程度でOK」という妥協を許してしまう人もいますが、コピーライティング力でクライアントを感動させられなければ私はプロ失格だと思っています。

お客様との打ち合わせ中に、光が降りてくるような感動を巻き起こしたい。との思いで、仕事に取り組んでいます。

たとえるならば、コピーライターとクライアントとの打ち合わせは、ミュージシャンのライブのようなものだと思っています。

クライアントの意図を汲み取り、いかに魅力的なPRの切り口を提案できるか。「切り口」の提案力がコピーライターの肝となる仕事です。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。