完璧を目指しすぎない

会社員ライター時代はある程度フォーマットの決まっている文章を書いていたので、決められたフォーマット内でできる限り完璧を目指していました。

誤字・脱字は厳禁。調べられる情報はとことん調べる。出来上がった原稿は印刷して推敲し、何度も何度も書き直して「完璧な原稿」を仕上げる。絶対にクライアントからの修正が入らないように気をつける。

そういった仕事を心がけていましたが、起業してから、同じスタイルで仕事をしていてもいくら時間があっても足りません。

たまにこういうライターさんがいらっしゃいます。

一人で完璧を目指しすぎて、悶々と考えて煮詰まり、時間を浪費する人。

自分ひとりで解決しないことは、早めにお客様に聞いた方が良いです。

むしろ、お客様も文章に関しては、ほとんどの方が素人なので、分からないことが多い。

そういう際は、こちらからある程度の完成形を作り、先に提案します。

「とりあえずたたき台として作成しましたが、ここに○○の情報が加わると文章が面白くなると思うんですよね」と言って、○○を入れた状態で出す。

○○が間違っていたとしても、そういった仕事はクライアントに新しいヒントを与えることができるので、喜ばれるケースが多いです。

最もやってはいけないのが与えられた情報の範囲で一人で悶々と完璧を目指し、何も言わずに面白くない原稿を提出してしまうこと。

情報が足りなくて原稿がイマイチだな…と思うときは、正直に伝えた方がまだマシです。

「今ある情報ですと全体的にボリュームが薄めですので、○○や○○について追加でヒアリングしたいのですが…」

といって怒るクライアントはめったにいません。

喜ばれる原稿を書くためには、一人で完璧を目指すよりも、クライアントに心を開き、コミュニケーションを取ることが大事です。

お客様と良いパートナーシップを築くことが、売れっ子ライターになるための近道です。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner