文章を幼くさせる言葉

文章を幼くしてしまう原因の一つに、「ぼやかし言葉」があります。

 

ぼやかし言葉とは、たとえば以下のような言葉です。

 

とか

など

~系

~な感じ

っぽい

みたいな

的な

 

女子高生が使いそうな言葉ですね。

私もときどき使うことがありますが、ゆるめの文章を書くときには、あえてなごませるために入れています。

しかし、信頼性を高めるビジネス文章で上記のようなぼやかし言葉はご法度。

 

特に「とか」「など」は、大人でも使ってしまいがちです。

絶対に使ってはいけないわけではありませんが、無意識に使ってしまうと幼くなりがち。

使うときは、「本当にここで使っていいのかな?」と一度、立ち止まって考えてみることをオススメします。

 

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。


  コピーライティングスキルを身につけて月商100万円以上を目指す方へ
「コピーライティングで集客」メールセミナーへのご登録はこちら



プロのコピーライターを目指す方、現役コピーライターさんへ
「コピーライターの仕事術」メールセミナーへのご登録はこちら

ご登録はパソコンのアドレスからお願いします。


banner