「シズル感」を出してみましょう

・食欲や購買意欲を刺激するような活きの良さや瑞々しさ

・五感を刺激するような感覚

・現場の「臨場感」

を表している文章、キャッチコピーに、人は惹かれるもの。

これらは、ライターたちの間で「シズル感」と呼ばれます。

 

 

以下の文章、あなたはどちらを食べたくなりますか?

【1】ボリュームのあるおいしいメンチカツです。

【2】口のなかでジュワっと肉汁が広がるメンチカツです。

 

おそらく【2】でしょう。

「シズル感」の正体は、受け取り手の五感を刺激する表現力。

それが、主人公であるモノの価値・魅力と上手に結びついたときに、文章に臨場感や訴求力が生まれます。

「シズル感」を表現できると言葉が自然といきいきしてきて、文章全体が「わくわく感」で包まれ、読み手を楽しませます。

 

 

難しいことではありません。

擬態語は意外と日常で使用しています。

自分が「これはおいしそう」とどんな時に感じるのか、

気を付けて観察しているとヒントが得られるはずです。

 

擬態語を有効活用して「シズル感」を出し、

人々を惹きつける文章を書いてみましょう。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。