心を開く「シタシキナカ」の会話

取材やインタビュー、商談などで相手がなかなか話してくれない人だった場合、沈黙が続くのは気まずいもの。

自然に会話をつなげるためには「シタシキナカ(親しき仲)」の話題から入るとスムーズに話が進みます。

心を開く「シタシキナカ」の話題とは何か?

「シ」 ― 仕事の話

「タ」 ― 旅、食べ物の話

「シ」 ― 趣味の話

「キ」 ― 季節・気候の話

「ナ」 ― 仲が良い人の話

「カ」 ― 家族の話

 

初対面の方とお話する場合は、場面にもよりますが、だいたい以下のような会話をしています。

 

「いつも何時ぐらいまでお仕事をされているのですか?」「お昼はどこで食べているのですか?」「お休みの日は何をされているのですか?」

といった当たり障りのない内容から始め、相手が心を開いてくれたら、家族や出身地など、だんだんとプライベートな情報も聞いてみることにしています。

 

いきなり家族構成など個人的なことを聞くのは、警戒されるので避けた方がベターですね。

誰もが一番興味のあるネタは、自分に関することです。

仲良くなりたい人がいたら、パーソナルな情報を聞き出して心の距離をぐっと縮めてみると、面白いネタが引き出せることが多いです。

 

仕事に直結するプロライター養成塾のホームページはこちら

 

 

 




在宅で収入を得られるフリーライターを目指す方には、以下の無料教材がおすすめです。






コピーライティングノウハウや、メルマガ読者様限定のコピーライター募集情報を日々、配信させていただいております。メルマガは「コピーライティングで集客」「コピーライターの仕事術」ともに無料でご購読いただけます。購読を希望される方は以下からご登録ください。