たかはしなつこ

文章の書き方のコツ

オリジナリティあふれるコラムを書くための3ステップ

悲しい・嬉しい・怒り・落ち込み・驚き・羨みなど、自分の感情に目を向けてみると、自分らしいオリジナルのコラムを書くヒントを見つけることができます。 最近でも過去のことでも構いません。また、事の大小も関係ありません。自分の感情が動いたときの経験を、思い浮かべてください。
文章の書き方のコツ

コラムのネタが思い浮かばないとき、とっておきのネタの選び方

ヤフーニュースやキュレーションサイトなどで取り上げられている話題を、注意して見てみましょう。世間で起こっている出来事の中で、いま注目を浴びているもの=旬の話題が、日々刻々と変化しているのが分かります。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

コラム執筆前の取材を行なう際に、心がけたい3ポイント

事前に調べて分かることは取材では質問しない 取材対象者の著者やホームページ・ブログなどは、できる限り事前に目を通しておくようにしましょう。取材の時間は限られています。事前情報が頭に入っている状態で取材に臨むのは、質の高い原稿を書くうえでの大前提であり、取材相手と対等に話ができるスタートラインです。
文章の書き方のコツ

雑誌の見出しコピーから学ぶ、読ませるための工夫

ターゲットの気持ちを掴み、先へ先へと読ませるコラムを書くにはコツがあります。特に女性雑誌の見出しコピーは、ターゲットの気持ちに寄り添う工夫がなされてあります。雑誌の見出しコピーから学ぶ、読者を引き込んで読ませる工夫は、コラムを書く際にも役立ちます。具体的にはどのような点を心がけると良いのでしょうか?
文章の書き方のコツ

「伝わる」コラムを書く7つのコツ

たとえ素晴らしい内容が書かれてある文章であっても、読んでくれた人に伝わらなければ意味がありません。どうすれば確実に、届けたいターゲットに「伝わる」コラムが書けるのでしょうか?この記事では、伝わるコラムを書くための、7つのコツをご紹介します。
文章の書き方のコツ

人を引きつけて読まずにはいられないコラムとは

映画・ドラマ・小説などで、「あれ、このパターンどこかで観たことがあるな」と思ったことは、ありませんか?今も昔も、人を引きつけて離さないストーリーのパターンというのが存在します。時代や国や文化を越えて、あらゆる人に共通する「全人類が感動する3要素」とは?
文章の書き方のコツ

説得力のあるコラムに欠かせない3原則

ビジネス文章ではロゴス、つまり論理が優先されがちです。書いてある内容は良くても、熱意が感じられない文章では人は動きません。論理立てて書くという、ビジネス文章で重要な点は押さえつつ、パトス(情熱)を感じさせる言葉や事例を入れた上で、さらにエトス(信頼)を加えることが、勝てるビジネス文章の必須項目です。
コラム記事の書き方

コラムとは何か?

コラムは、あくまでも余白を埋めるためのちょっとした囲み記事。長々とした文章はコラムとは言えません。コラムを書く際には、限られた文字数の中で、無駄を省いて要点を絞ることが大切です。読者がサッと目を通してすばやく内容が理解できるよう、回りくどくならないよう気をつけましょう。
文章の書き方のコツ

これだけ押さえよう 読まれるタイトルの作り方5ポイント

文章を書くときに、一番気をつけたいのがタイトルです。会社の企画書、ブログのタイトル、広告のキャッチコピーなど、タイトルで注目されなかったら、どんなに時間をかけて書いた良い文章でも読んでもらうことはできません。 ここでは、今日から実践できる『人の心をつかむタイトル5ポイント』をお伝えします。
ライターの仕事術

コラムを書く上で大切にしたい3部構成

テンポよく読み進められるコラムの共通点は、「なんだか面白そうだな」と興味を引きつけ、さらに感情を盛り上げて、読み終わりに「あー、面白かった」と満足させる3部構成があります。