提携ライター作成記事

ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法1「ライターを名乗ることからはじまる」

書くことが好きで、趣味で長年ブログを書いている、しかし仕事として執筆した経験はゼロ。 このような場合でも、フリーライターになることはできるのでしょうか?遠い世界のように思いがちですが、強い気持ちと行動力があれば、ブロガーからライターに転身することは可能です。ライターになるために資格は必要ありません。
文章の書き方のコツ

人を引きつけて読まずにはいられないコラムとは

映画・ドラマ・小説などで、「あれ、このパターンどこかで観たことがあるな」と思ったことは、ありませんか?今も昔も、人を引きつけて離さないストーリーのパターンというのが存在します。時代や国や文化を越えて、あらゆる人に共通する「全人類が感動する3要素」とは?
文章の書き方のコツ

説得力のあるコラムに欠かせない3原則

ビジネス文章ではロゴス、つまり論理が優先されがちです。書いてある内容は良くても、熱意が感じられない文章では人は動きません。論理立てて書くという、ビジネス文章で重要な点は押さえつつ、パトス(情熱)を感じさせる言葉や事例を入れた上で、さらにエトス(信頼)を加えることが、勝てるビジネス文章の必須項目です。
コラム記事の書き方

コラムとは何か?

コラムは、あくまでも余白を埋めるためのちょっとした囲み記事。長々とした文章はコラムとは言えません。コラムを書く際には、限られた文字数の中で、無駄を省いて要点を絞ることが大切です。読者がサッと目を通してすばやく内容が理解できるよう、回りくどくならないよう気をつけましょう。
文章の書き方のコツ

これだけ押さえよう 読まれるタイトルの作り方5ポイント

文章を書くときに、一番気をつけたいのがタイトルです。会社の企画書、ブログのタイトル、広告のキャッチコピーなど、タイトルで注目されなかったら、どんなに時間をかけて書いた良い文章でも読んでもらうことはできません。 ここでは、今日から実践できる『人の心をつかむタイトル5ポイント』をお伝えします。
ライターの仕事術

コラムを書く上で大切にしたい3部構成

テンポよく読み進められるコラムの共通点は、「なんだか面白そうだな」と興味を引きつけ、さらに感情を盛り上げて、読み終わりに「あー、面白かった」と満足させる3部構成があります。
ライターの仕事術

思わず先を読みたくなる導入文を書く5つのテクニック

「サイトを立ち上げたのにアクセス数が一向に増えない」「本文を読まれている実感がない」といったことはありませんか?あなたの文章が読まれないのは、導入文が正しく書けていないからかもしれません。今回紹介する5つのテクニックを実践すれば、読者をググっと引きこむ見出しや導入文が書けるようになるでしょう。
ライターの仕事術

読み手を迷わせない修飾語の使い方

読み進めていくうえで、どこか違和感がある。 この文章、よくわからないけれど何か引っかかる。 そんな時は修飾語に注目しましょう。修飾語の位置を修正するだけで、あなたの文章は生まれ変わります。
ライターの仕事術

具体的な商業文章で読み手の信頼を勝ち取る

書いた文章にリアクションが少ない。メールを送ると相手から必ず何か質問される。そんなことはありませんか? 心当たりがある場合、あなたの文章には具体性が足りない可能性があります。 商業文章では、なるべくあいまいを避け、具体的な表現を心掛けましょう。
ライターの仕事術

論理的な情報のグループ分け法

整理された情報は論理的で、読者はストレスなく読み進めることができます。前回はイタリアンレストランの情報を料理、接客、雰囲気の3つのポイントで仕分けしました。 このグループ化には、ほかにもいくつかの方法が考えられます。