村川里美

文章の書き方のコツ

その修飾語、本当に必要ですか?

結局、何が言いたいのかわからない。 もっとインパクトがある内容だったはずなのに、文章にすると迫力が消えている。読み手にこのように感じさせる文章は、修飾語を多用しすぎている傾向があります。伝えたい気持ちが先走ると、ついつい文章に多くの情報を盛り込みがち。修飾語の使いすぎは、文章の本質を覆い隠す危険性を秘めています。
文章の書き方のコツ

「結論が先」は絶対条件?

ビジネスでは「話す時は結論から」とよく言われます。論理的な商業文章の基本型も「結論+根拠」です。「◯◯(結論)である。なぜならば◆◆(根拠)だから」という構成は、文章の論理性を高めます。例えば「今週中に全記事の納品は可能か?」という質問には、このように返答します。
文章の書き方のコツ

読み手の反応を先に決める

言いたいことを主観的にただ書くだけの文章は、読み手を困惑させます。さらに、答えの出ない深読みをさせたり質問をさせたりと、大いに手間を取らせます。このような非効率的な事態を避け、あなたの思いを十二分に伝えるために有効なことがあります。それは文章のゴールを先に決めてしまうことです。
文章の書き方のコツ

文章の論理性を高めるひと手間

結論と根拠がしっかりと確立されていて、論理的なはずの文章。でもなぜか伝わらない…。 そんな時は、言葉の使い方を見直してみましょう。ちょっとした言葉の使い方が、文章の論理性を大きく妨げている可能性があります。論理的な商業文章を書くうえでは、内容はもちろん、言葉の使い方も重要なポイントになります。
インタビュー記事の作り方のコツ

読者、取材目的をイメージして素材を編集する

インタビューを終えると、原稿にするための素材が数多く集まります。それらの素材は、どのように文章化していくのでしょうか? 最優先とするべきポイントは「読者が面白いと思うか」「読者が知りたいと思うか」です。この観点で、無数の素材の中から読者に伝えたい情報をピックアップしていきます。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材目的に合わせた記事パターンと文体

インタビュー記事には、いくつかの記事構成パターンがあります。もともと媒体や企画によって決まっている場合もあります。また、編集担当者と相談して決める場合もあります。大切なのは、そのインタビューの目的を第一に考えることです。読者にどう伝えたいかを熟慮し、適切な記事パターンを提案できるようになりましょう。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

原稿の完成形をイメージしてからインタビューする

行き当たりばったりで、おいしい話を聞くことができる偶然を待っているだけでは、良いインタビュー記事は書けません。取材では、事前準備が原稿の質を決めると言っても過言ではないのです。以下のような準備をしっかりと行い、取材に臨みましょう。
文章の書き方のコツ

文章のビジュアルにもこだわろう

どうしたら「読まれる文章」になるのでしょうか。 それは、文章のビジュアルにこだわること。 スマートフォンの中、そして街中にあふれる広告。ついつい読んでしまうのはなぜでしょうか? それは、視覚的に優れた文章だからです。
ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法5 「第三者からライターとして紹介してもらう方法」

ライターとしての認知を広げる効果的な方法は、影響力のある人に自分をライターとして紹介してもらうこと。自分からするアピールより、他人からの紹介のほうが説得力があります。おすすめする方法は、セミナーや講演会などのレポートを書くことです。
ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法4 「Webを使い在宅で仕事を獲得する方法」

フリーライターになるため、ここまで様々な準備を進めたあなた。「仕事として書いたことがない」負い目は、素早く払拭してしまいましょう。Web上には、ライターの募集サイトが数多く存在します。初心者でも応募可能な案件は多いので、有効活用しましょう。以下は一例です。