キャッチコピーの作り方

文章の書き方のコツ

ペルソナが必要な場合と必要でない場合

あるコンテンツ記事作成の仕事では、ガイドラインに以下のような内容が書かれていました。 記事作成にあたり、ペルソナは決めないようにしましょう。記事の目的は、読者の潜在ニーズを掘り起こすこと。読者が潜在ニーズに気づける...
文章の書き方のコツ

雑誌の見出しコピーから学ぶ、読ませるための工夫

ターゲットの気持ちを掴み、先へ先へと読ませるコラムを書くにはコツがあります。特に女性雑誌の見出しコピーは、ターゲットの気持ちに寄り添う工夫がなされてあります。雑誌の見出しコピーから学ぶ、読者を引き込んで読ませる工夫は、コラムを書く際にも役立ちます。具体的にはどのような点を心がけると良いのでしょうか?
ライター体質になるために

脅しのコピーは効果的か?

「ターゲットを脅す手法のコピーは効果的か?」というテーマについて、私が思っていることを書こうと思います。 脅す手法とは、たとえば「○○しないとあなたは一生、●●できませんよ」や、「このまま○○していってもいいのですか?」「○○できない人は見ないでください」といった、読み手の不安を煽るコピーです。
文章の書き方のコツ

キャッチコピーの作り方のコツ番外編 ひらめきの導火線

いいアイデアが自然に降りてくるときは いつも、大量に思考した後です。 考えて考えて悩んで悩んで もがいてあがいてモヤモヤして 考えて考えて悩んで悩んで ちょっと一旦休んで他のことをしようと思ったときに 急に降りてきて「わーーーっ!」と頭に電流が走る。 ひらめきって、そういうことなんです。
文章の書き方のコツ

キャッチコピーの作り方のコツ5 コンセプトから表現されたコピーへ

ターゲットに伝えたいメッセージ(コンセプト)を一つ決めたら、そこから表現されたキャッチコピーに仕立てていきます。
文章の書き方のコツ

キャッチコピーの作り方のコツ4 ターゲットに伝えるメッセージを決める

メッセージを発信する「自分」を理解し、発信する相手(ターゲット)を絞って理解したら、いよいよ、ターゲットに発信するメッセージ(何を伝えるか)を決めます。 誰に、何を伝えるか これをひと言でシンプルに言えなければキャッチコピーにはなりません。
文章の書き方のコツ

キャッチコピーの作り方のコツ3 ターゲットの絞り方 スペックと指向性

キャッチコピーを作る際、ターゲットの「スペック」と「指向性」の違いを理解することが大切です。スペックと指向性の違いを、具体例をまじえて説明します。
文章の書き方のコツ

キャッチコピーの作り方のコツ2 ターゲットを明確にして理解する

キャチコピーを作るためのマーケティングを行なう上で大切なのが、「自分を知る」「相手を知る」ことです。 「自分自身」を理解できれば、誰に向けてメッセージを発信したいのか、相手(ターゲット)を決めます。
文章の書き方のコツ

キャッチコピーの作り方のコツ1 自分を知る

キャッチコピーを作る上でまず大切なことは、作り方の順番を守ることです。 人によっては、いいキャッチコピーが、ただなんとなくひらめく場合もあるかもしれませんが、プロのコピーライターは、基本的なキャッチコピーの作り方をマスターしています。 キャッチコピーづくりは、家づくりに例えると分かりやすいです。
文章の書き方のコツ

キャッチコピー発想法 お客様が買わない理由を10個書き出す

商品やサービスのキャッチコピーがなかなか思い浮かばないときのとっておきの発想方法をお伝えいたします。 それは、「お客様が買わない理由」「申し込まない理由」を10個、書き出すことです。