ビジネスメールのマナー

ライターの営業術

デキるライターのメール術

初めてのお客様とメールする際に、気をつけておきたいこと。そして、原稿を納品する際、修正などの対応をする際に気をつけておきたいポイントを、良い例、悪い例をまじえながらお伝えさせていただきます。今日はデキるライターのメール術のポイントを、挨拶のお礼メール、受注後のメール、原稿納品時のメールに分けて解説させていただきます。
ビジネスメールのマナー

ビジネスメールの基本マナー

初めてのお客様に「このライターは信頼できる」と思っていただくには、ビジネスの基本となる、メールのマナーをしっかり意識することが大切です。 最低限これだけは守りたい基本マナーを、ご紹介させていただきます。できているかどうか、チェックしてみてください。
ビジネスメールのマナー

好印象なビジネスメールの書き方

初めての方や、知り合って間もない方にビジネスメールを送る際、文章で「感じのいい方だな」と、その後のお仕事にもつながりやすくなります。 相手から好印象を持ってもらえるビジネスメールの文章には何が必要なのかを、お伝えさせていただきます。
ビジネスメールのマナー

ビジネスメールは結論を先に

メールの場合、結論を先に書いた方が効果的な場合が多いです。 相手はあなたのメールを読む以外にも様々な仕事を抱えています。ダラダラと書かれていると、結局何が言いたいのかわからない文章になってしまいます。
ビジネスメールのマナー

ビジネスメールの本文はシンプルに見やすく

ビジネスメールを書く際、改行しないでダラダラと書き続けてしまうと、非常に読みづらいメールになってしまいます。 読者さんが読みやすいように、改行の入れ方にも気を配った方が良いでしょう。 目安としては1行30文字~40文字程度にし、3~4行ごとに1行分のスペースをあけることで読みやすくなります。
ビジネスメールのマナー

ビジネスメール・件名(タイトル)で読ませる

ビジネスメールを書く上で重要な要素の一つが「件名(タイトル)」です。 特に、新規営業メールなどを送信する場合は、件名で読まれるかどうか決まると言っても過言ではありません。 たくさんのメールを受信している中で、あなたのメールが読まれるためには、受信フォルダから一目で見る事が出来る「件名」が大切です。