インタビュー・取材時に気をつけるべき点

インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材相手が喋らないとき

ライターが喋るのが苦手な人へ取材を行なうときは、どうすれば良いのでしょうか?具体的な会話例に基づいてご紹介します。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

コラム執筆前の取材を行なう際に、心がけたい3ポイント

事前に調べて分かることは取材では質問しない 取材対象者の著者やホームページ・ブログなどは、できる限り事前に目を通しておくようにしましょう。取材の時間は限られています。事前情報が頭に入っている状態で取材に臨むのは、質の高い原稿を書くうえでの大前提であり、取材相手と対等に話ができるスタートラインです。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材目的に合わせた記事パターンと文体

インタビュー記事には、いくつかの記事構成パターンがあります。もともと媒体や企画によって決まっている場合もあります。また、編集担当者と相談して決める場合もあります。大切なのは、そのインタビューの目的を第一に考えることです。読者にどう伝えたいかを熟慮し、適切な記事パターンを提案できるようになりましょう。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

原稿の完成形をイメージしてからインタビューする

行き当たりばったりで、おいしい話を聞くことができる偶然を待っているだけでは、良いインタビュー記事は書けません。取材では、事前準備が原稿の質を決めると言っても過言ではないのです。以下のような準備をしっかりと行い、取材に臨みましょう。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

爆発的な結果を出す広告コピーを書く方法

今回は求人広告の取材ライティングを行なっているライターさんからいただいたご質問に回答させていただきます。アクセスを爆発させて、絶対に成果を出したい広告コピーを書くときには、入念な事前準備を行なって取材に臨むこと。ぜひ、意識してみてくださいね。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材の「質問力」を高めるためには?

インタビューの基本は、相手の気持ちを引き出す「質問力」にあります。ライターが用意した質問を次から次へとぶつけていると、「尋問」のようになってしまうので注意が必要です。そうなると、聞かれる方は「どうして答えなきゃいけないのか?」という気分になって、心を閉ざしてしまうでしょう。質問力を高める方法についてみていきます。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

ICレコーダーとメモの使い分け方

現在ではインタビューの際に、ほとんどの方がICレコーダーを活用していると思います。相手の話を全てメモしようとすると、どうしても間が空いてしまい、会話のテンポが悪くなってしまいます。また、メモを取ることばかりに気を取られていたら、内容を聞き逃してしまうかもしれません。音声を録音しておくと、後から確認できるので安心です。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

初対面の場をあたためる「アイスブレイク」

こちらが緊張していると、取材対象者も構えてしまいます。「このライターとは話しにくい」と思われると、相手の本音を聞き出せません。そうなると、せっかくの取材が台無しになってしまいます。 そんなお互いの緊張感を解きほぐしてくれるのが、「アイスブレイク」です。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

インタビューの成功は第一印象で決まる!押さえるべき3つのポイント

インタビューがうまくいくかどうかは、最初の数分間で決まります。ライターとして高い能力を備えていても、取材対象者から信用されなければ、うまく話を引き出すことができなくなります。はじめに好感を得られれば、相手もぐっと話しやすくなるでしょう。相手に「話をしたい」と思わせる3つのポイントについてお伝えします。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

相手の話を引き出す「相槌(あいづち)コミュニケーション 」

取材においては、相手の本音を引き出す「聞き上手」に徹することが大切です。 タイミングよく相槌を打つことができると、相手も話しやすくなるので、会話が盛り上がります。そこで、取材相手に好印象を与える「相槌コミュニケーション」についてご紹介していきます。