インタビュー記事の作り方のコツ

お客様対応のポイント

インタビュー記事作成でクレームが発生する5大原因

ライターの仕事を増やすには、初心者のうちからいろいろな人へインタビューしてみるのが効果的。 しかし、インタビュー記事のクオリティがお粗末だったり、クレームが発生してしまえば、逆に印象が悪くなってしまうので要注意です。インタビュー記事作成で、インタビュー対象の方からライターへのクレームが入るのはどんなときでしょうか?
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材相手が喋らないとき

ライターが喋るのが苦手な人へ取材を行なうときは、どうすれば良いのでしょうか?具体的な会話例に基づいてご紹介します。
インタビュー記事の作り方のコツ

対談記事の書き方 読者に伝わる5つのポイント

インタビューと対談の違いをご存じですか?対談では2人の話し手は、ほぼ対等な関係で会話を進めていきます。記事の書き方においてもインタビューと対談となると少し違いが出てきます。対談記事の書き方の5つのポイントを紹介していきます。
インタビュー記事の作り方のコツ

読者、取材目的をイメージして素材を編集する

インタビューを終えると、原稿にするための素材が数多く集まります。それらの素材は、どのように文章化していくのでしょうか? 最優先とするべきポイントは「読者が面白いと思うか」「読者が知りたいと思うか」です。この観点で、無数の素材の中から読者に伝えたい情報をピックアップしていきます。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材目的に合わせた記事パターンと文体

インタビュー記事には、いくつかの記事構成パターンがあります。もともと媒体や企画によって決まっている場合もあります。また、編集担当者と相談して決める場合もあります。大切なのは、そのインタビューの目的を第一に考えることです。読者にどう伝えたいかを熟慮し、適切な記事パターンを提案できるようになりましょう。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

原稿の完成形をイメージしてからインタビューする

行き当たりばったりで、おいしい話を聞くことができる偶然を待っているだけでは、良いインタビュー記事は書けません。取材では、事前準備が原稿の質を決めると言っても過言ではないのです。以下のような準備をしっかりと行い、取材に臨みましょう。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

爆発的な結果を出す広告コピーを書く方法

今回は求人広告の取材ライティングを行なっているライターさんからいただいたご質問に回答させていただきます。アクセスを爆発させて、絶対に成果を出したい広告コピーを書くときには、入念な事前準備を行なって取材に臨むこと。ぜひ、意識してみてくださいね。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材時における音声録音の必要性

取材の際にICレコーダーで取材対象者の声を録音し、後から音声をテープで起こしてライティングをされるライターさんが多いかと思います。 私も3000文字以上の長文記事インタビューの際はICレコーダーを使って音声の書き起こしをしていますが、音声の書き起こしをしないことも多いです。 ICレコーダーを使うケースとは...
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

インタビューで相手がたくさん喋ってくれる方法

相手の方が目指している目標、そして興味を持っていることを聞き出し、それらに対してメリットとなる情報を提供しましょう。相手の話を聞く7割:自分が話す3割の割合で話を聞き出していくと、コミュニケーションがスムーズです。 インタビューでほしい情報を引き出すコツをお伝えします。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

インタビュー記事作成のコツ

読み手の心を動かすインタビュー記事を作成するコツをお話します。 「インタビュー記事の作り方に悩みます」とご相談いただくことがあります。 インタビューをしたものの、そのまま文字にしているだけでは、何を伝えたいのかがよく分からない文章」になっていることがあります。 その場合は、はじめから整理してみましょう。