日々の効果的な文章力トレーニング方法

日々の効果的な文章力トレーニング方法

複数の新聞を同時に読んで、自分の視点を磨こう

興味深く読ませる文章は、書いた人の「視点」と「考察」が独特で面白いです。 「へえ、こんな考え方もあるんだ」 「たしかにこんな見方で考えると面白い」 と読者に思わせるような、独特の視点を身につけるには、どうすれば良いのでしょうか? 独自の視点を磨くにあたり、おすすめのトレーニングのひとつが「新聞複数購読」です。
ライター体質になるために

プロのライターに向いているのは社交的な人

しばらくご無沙汰で、どこで何をしているのか分からない人に連絡を取るのは勇気がいることですよね。直接お会いすることができなくともブログを中心としたメディアを活用していくことで、積極的に人とつながるきっかけが生まれます。
文章の書き方のコツ

写経のすすめ

コピーライティングの技術を磨くためには、「写経」が必要不可欠です。写経とは、もともとは仏教において「経典を書き写す」という意味で使われる言葉です。コピーライティングでは、お手本となるコピーやセールスレターを一字一句、改行や空白も含めて忠実に書き写すことで、コピーライティングスキルの習得に役立てることができます。
ライターの営業術

これから生き残るライターの条件

この先、仕事が減っていくかもしれない。 収入が下がってしまうかもしれない。 そのような不安と闘っているライターさんが今、身につけておくべきスキルとは・・・・
ライターの営業術

自分の好きな分野でプロのライターになる方法

私は子供の頃、飛行機の機内誌のトラベル記事を書く夢がありました。昔はどうすればトラベルライターになれるのか、分かりませんでしたが今になれば、分かります。 今からその夢を叶えるためには何をするか。
ライター体質になるために

文章力はどうやって身につければいい?

文章力の問題に直面する前に知っておきたいズレのない文章を書く方法とは何でしょうか? 私が「文章の下手なライター」から「拠点長になって部下のマネジメントを行うライター」になるまでに行った方法は、次の3点です。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

業界の平均値を知ろう

企業への取材を行う際には、お客様の業界に関する様々な平均数字を抑えておくことも、取材をスムーズに進める上でのポイントになります。 たとえば営業代行会社の場合、業界平均値を10%とした場合、成約率20%の会社は、その事実をアピールすることができます。
日々の効果的な文章力トレーニング方法

日常のちょっとした「発見」を書きとめよう

日常で簡単にできる、文章力アップのトレーニング法をお伝えします。 ライターの書く文章は、たくさんの情報から記事に合った言葉や動向を選んで文字と文字を連ねていくパズルのようなもの。 駆け出しの頃は難しいかもしれませんが、日常の生活の中での少しの工夫で、見違えるような文章を書けるようになります。
文章の書き方のコツ

写経で、売れる文章の型を身につけよう

仏教の世界で知られる「写経」ですが、文章の上達に役立つ方法です。「セールスレターが上手くなりたい」という方は、売れている商品や商材の文章をまずは写経してみると良いでしょう。
ライター体質になるために

文章が降りてくる方法

アイデアは、ひとつのことを悩んで悩んで悩んで苦しくなるぐらい悩んでもう限界、もう無理、疲れ果てた、あきらめよう、と思って、忘れた頃に、ふと降りてきます。 忘れた頃は、一晩寝た後だったり、1週間後だったり、3ヶ月後だったり、数年後になることも。