ライターの営業術

ライターの営業術

1記事1000円から卒業する方法

1記事500円〜1500円の仕事から卒業し、単価の高いWeb記事執筆の仕事を受注するにはどうすれば良いのでしょうか?
ライターの営業術

お金持ちや大物に好かれる方法

企業の仕事を受注して年収1000万円以上になっているライターさんに共通しているポイントが、「お金持ちや大物に好かれる人」であることです。 有名な著者の方の本の執筆を何冊も手がけていたり、大物とジョイントビジネスをしたり。 そういった方々は、なぜ、お金持ちに好かれるのでしょうか? 私が仕事でたくさんの著名人と関わる中で聞いた、お金持ちがビジネスパートナーにしたいと思っている人の条件をお伝えさせていただきます。
ライターの営業術

大企業から定期発注がくるフリーライターになるには

大企業から定期的に注文を頂けるようなライターをめざし、金銭的にも精神的にも安定した生活を送りたいと思う方は多いでしょう。 大企業から発注が途切れない売れっ子ライターになるには、どのような用件があるのでしょうか。
ライターの営業術

多様化する法人からの依頼

デジタル化が進む現代においても紙ベースの文書は減ることがなく、その内容は多様化しており外部委託するケースも増えてきています。 主にどのような文書があるのか、また今後増えていく可能性がある法人からの依頼についてあげます。
ライターの営業術

Facebookは怖くない。

特に、フリーライターを目指す方、ライターの仕事を探している方は、Facebook、やった方がいいです。   ライターの仕事はインターネットのクラウドソーシングサイトでも探すことができますが、クラウドソーシングサイトの仕事は、基本的に、「人」ではなく「スキル」で選ばれます。
ライターの営業術

あなたはどっち向き? 専門分野を究めたライター VS なんでも書けるライター

ライターと一口にいっても、雑誌に連載をもつ売れっ子ライターから名前がでないWebコンテンツ記事ライターまで様々です。ライター業を続けていく上で、「専門分野を究めたライター」か「なんでも書けるライター」を目指すのか、方向性を決める時がくるかもしれません。
ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法5 「第三者からライターとして紹介してもらう方法」

ライターとしての認知を広げる効果的な方法は、影響力のある人に自分をライターとして紹介してもらうこと。自分からするアピールより、他人からの紹介のほうが説得力があります。おすすめする方法は、セミナーや講演会などのレポートを書くことです。
ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法4 「Webを使い在宅で仕事を獲得する方法」

フリーライターになるため、ここまで様々な準備を進めたあなた。「仕事として書いたことがない」負い目は、素早く払拭してしまいましょう。Web上には、ライターの募集サイトが数多く存在します。初心者でも応募可能な案件は多いので、有効活用しましょう。以下は一例です。
ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法3 「サンプルを作り、発注者の信頼を得る」

あなたのブログはどのようなものでしょうか?美容に特化、ITに特化、ビジネスに特化…。ある分野に特化したノウハウブログの場合は、そのままアピールになります。通用するかの判断は、ライター募集サイトの案件から考察するのが早道です。次の記事で詳しく書きますが、ライター募集サイトには日々多くの案件があがってきています。
ライターの営業術

ブロガーからフリーライターになる方法2 「業界の知識を持ち、仕事の全体像を掴む」

好きなことを好きなように好きな時に書いていたブログと、プロのライターの仕事は違います。どうすればいいのか、あなたは不安に苛まれているかもしれません。仕事を受注したことがない不安を少しでも払拭するために、できることがあります。それは仕事の全体像を掴むこと。発注者の意図や仕事の流れを知っておくことで、不安は軽減します。