ライター体質になるために

ライター体質になるために

直観力を鍛える方法

読ませる文章を書くには、綿密なリサーチが必須です。しかし、ときにはリサーチに基づく実証だけでは推測できない、人の心の動きを瞬時に読み解き、アウトプットする力も求められます。そんなときに役立つのは自分の直観力です。 直観力は、努力によって鍛えられるものです。どうすれば直観力を鍛えられるのでしょうか?
お客様対応のポイント

フリーライターデビュー後にぶつかる3つの不安を乗り越える方法

フリーライターとしてデビューを決意したあとに直面しがちな3つの不安を乗り越える方法をご紹介します。
ライターの仕事のリアル

フリーライターとして一歩踏み出した後に待っていること

フリーライターとして頑張っていこうと決意したものの、これからのことが不安になりますよね。仕事がない、と悩む以前に遭遇するできごとを紹介していきます。
ライターの営業術

大企業から定期発注がくるフリーライターになるには

大企業から定期的に注文を頂けるようなライターをめざし、金銭的にも精神的にも安定した生活を送りたいと思う方は多いでしょう。 大企業から発注が途切れない売れっ子ライターになるには、どのような用件があるのでしょうか。
ライター体質になるために

プロのライターに向いているのは社交的な人

しばらくご無沙汰で、どこで何をしているのか分からない人に連絡を取るのは勇気がいることですよね。直接お会いすることができなくともブログを中心としたメディアを活用していくことで、積極的に人とつながるきっかけが生まれます。
ライターの営業術

当たり前のことをバカみたいにちゃんとやる

企業にとっては、基本的なことがしっかりできる常識あるライターさんの方が、安心してお仕事を依頼できるでしょう。著名人など第三者への取材がある場合は特に、マナーなどがしっかりしている「外に出しても安心なライター」であることが求められます。
ライター体質になるために

運はセルフイメージで決まる

私が主宰しているプロライター養成塾の受講生ライターさんを見ていると、ライターとして駆け出しの皆さんは、さほど、スキルに差はありません。 そこから順調に仕事を増やしてスピーディーに目標を達成できる人、なかなか結果が出ない人、どう違うのでしょうか?
ライター体質になるために

才能よりも努力

私は、ライターになるのに、才能は関係ないと、お伝えしております。もちろん、文章を書くことに強い苦手意識があったり、作文が嫌いであれば、難しいかもしれませんが、「どちらかというと好き」であれば、大丈夫です。
ライター体質になるために

売れっ子ライターが必ず行っている、最後のひと手間

原稿提出後、お客様に手間をかけさせないためには何に気をつければ良いのでしょうか。原稿が完成後、誤字脱字がないかの文字校正を行うことはもちろんのこと、校正の際、以下の作業を忘れずに行いましょう。
ライターの営業術

未経験の人が実績を作るにはどうすればいい?

「ライター未経験だけど、1記事数百円の仕事じゃなく、ちゃんとした仕事で実績を積みたい」という方は、最初にどうやって実績を作れば良いのでしょうか。プロライター未経験の方ができるだけ早く実績を作るために行うべきことを以下でご紹介します。