文章の書き方のコツ

長文を短時間で書く6つのコツ

私は1500文字程度のブログやメルマガを、15分程度で書いています。 長い文章を短時間で書けるスキルのおかげで、時間や収入を自由にコントロールできています。 長い文章を短時間で書けるようになるにはコツがあります。 そのコツを6つお伝えさせていただきます。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

取材相手が喋らないとき

ライターが喋るのが苦手な人へ取材を行なうときは、どうすれば良いのでしょうか?具体的な会話例に基づいてご紹介します。
文章の書き方のコツ

続きを読ませるタイトルのつけ方

開封して続きを読みたくなるタイトルと、そうではないタイトルには明確な違いがあります。タイトルを変更するだけでも開封率が格段に上がるのに、もったいないな・・・・と感じることも。続きを読ませるタイトルをつけるにはコツがあります。
文章の書き方のコツ

イベント集客レターの鉄則

一瞬で人が集まるイベント集客レターを書くには、いくつかの鉄則があります。多くのイベント集客セールレターでは、これができていません。人が集まるイベント集客レターに必ず書いた方が良いのに、つい忘れてしまいがちなポイントとは?
ライターの営業術

1記事1000円から卒業する方法

1記事500円〜1500円の仕事から卒業し、単価の高いWeb記事執筆の仕事を受注するにはどうすれば良いのでしょうか?
お客様対応のポイント

「ライターさんを替えてほしい」と言われない方法

ライターの仕事でよくあるケース、クライアントから「言おうとしていることは間違っていないんだけど、なんだかニュアンスが違う。そうじゃないんだよ。うまく伝えられないけど、感性が違うのかもしれない」と言われることです。 クライアントが求めているニュアンスと感性のズレを防ぐには、どのような対策を取れば良いのでしょうか。
ライターの営業術

お金持ちや大物に好かれる方法

企業の仕事を受注して年収1000万円以上になっているライターさんに共通しているポイントが、「お金持ちや大物に好かれる人」であることです。 有名な著者の方の本の執筆を何冊も手がけていたり、大物とジョイントビジネスをしたり。 そういった方々は、なぜ、お金持ちに好かれるのでしょうか? 私が仕事でたくさんの著名人と関わる中で聞いた、お金持ちがビジネスパートナーにしたいと思っている人の条件をお伝えさせていただきます。
お客様対応のポイント

フリーライターデビュー後にぶつかる3つの不安を乗り越える方法

フリーライターとしてデビューを決意したあとに直面しがちな3つの不安を乗り越える方法をご紹介します。
文章の書き方のコツ

「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い

「文章の書き方」のテクニックを伝えるノウハウは、世の中に溢れています。テクニックさえ学べば、誰でも伝わる文章が書けるようになる。そんなふうに思っていませんか? しかし実際は、テクニックを学ぶだけでは、読者の心を揺さぶる「伝わる」文章を書けるようにはなりません。どうすれば「伝わる」文章を書けるようになるのでしょうか?
ライターの仕事のリアル

フリーライターとして一歩踏み出した後に待っていること

フリーライターとして頑張っていこうと決意したものの、これからのことが不安になりますよね。仕事がない、と悩む以前に遭遇するできごとを紹介していきます。