文章の書き方のコツ

短時間でスピーディーにコラム記事が書ける5つの方法

1記事500円や1000円のコラム記事作成でも、1時間に2~3本書けばパートで働くよりも効率良く稼ぐことができます。そこで重要になってくるのは、いかに短時間でコラム記事を書けるかです。その方法をこれから紹介していきますね。
インタビュー記事の作り方のコツ

対談記事の書き方 読者に伝わる5つのポイント

インタビューと対談の違いをご存じですか?対談では2人の話し手は、ほぼ対等な関係で会話を進めていきます。記事の書き方においてもインタビューと対談となると少し違いが出てきます。対談記事の書き方の5つのポイントを紹介していきます。
文章の書き方のコツ

オリジナリティあふれるコラムを書くための3ステップ

悲しい・嬉しい・怒り・落ち込み・驚き・羨みなど、自分の感情に目を向けてみると、自分らしいオリジナルのコラムを書くヒントを見つけることができます。 最近でも過去のことでも構いません。また、事の大小も関係ありません。自分の感情が動いたときの経験を、思い浮かべてください。
文章の書き方のコツ

コラムのネタが思い浮かばないとき、とっておきのネタの選び方

ヤフーニュースやキュレーションサイトなどで取り上げられている話題を、注意して見てみましょう。世間で起こっている出来事の中で、いま注目を浴びているもの=旬の話題が、日々刻々と変化しているのが分かります。
インタビュー・取材時に気をつけるべき点

コラム執筆前の取材を行なう際に、心がけたい3ポイント

事前に調べて分かることは取材では質問しない 取材対象者の著者やホームページ・ブログなどは、できる限り事前に目を通しておくようにしましょう。取材の時間は限られています。事前情報が頭に入っている状態で取材に臨むのは、質の高い原稿を書くうえでの大前提であり、取材相手と対等に話ができるスタートラインです。
文章の書き方のコツ

雑誌の見出しコピーから学ぶ、読ませるための工夫

ターゲットの気持ちを掴み、先へ先へと読ませるコラムを書くにはコツがあります。特に女性雑誌の見出しコピーは、ターゲットの気持ちに寄り添う工夫がなされてあります。雑誌の見出しコピーから学ぶ、読者を引き込んで読ませる工夫は、コラムを書く際にも役立ちます。具体的にはどのような点を心がけると良いのでしょうか?
文章の書き方のコツ

「伝わる」コラムを書く7つのコツ

たとえ素晴らしい内容が書かれてある文章であっても、読んでくれた人に伝わらなければ意味がありません。どうすれば確実に、届けたいターゲットに「伝わる」コラムが書けるのでしょうか?この記事では、伝わるコラムを書くための、7つのコツをご紹介します。
文章の書き方のコツ

その修飾語、本当に必要ですか?

結局、何が言いたいのかわからない。 もっとインパクトがある内容だったはずなのに、文章にすると迫力が消えている。読み手にこのように感じさせる文章は、修飾語を多用しすぎている傾向があります。伝えたい気持ちが先走ると、ついつい文章に多くの情報を盛り込みがち。修飾語の使いすぎは、文章の本質を覆い隠す危険性を秘めています。
文章の書き方のコツ

「結論が先」は絶対条件?

ビジネスでは「話す時は結論から」とよく言われます。論理的な商業文章の基本型も「結論+根拠」です。「◯◯(結論)である。なぜならば◆◆(根拠)だから」という構成は、文章の論理性を高めます。例えば「今週中に全記事の納品は可能か?」という質問には、このように返答します。
文章の書き方のコツ

読み手の反応を先に決める

言いたいことを主観的にただ書くだけの文章は、読み手を困惑させます。さらに、答えの出ない深読みをさせたり質問をさせたりと、大いに手間を取らせます。このような非効率的な事態を避け、あなたの思いを十二分に伝えるために有効なことがあります。それは文章のゴールを先に決めてしまうことです。